すべて ケース 選び方イギリス版ブラックジャック

ポンツーン(イギリス式ブラックジャック)の基本ルール

選び方イギリス版ブラックジャック 523655

ちなみに、通常版も420円の全25巻で発売されています。 こちらは未収録話数が8です。 掲載順は 手塚治虫 が構成したので、雑誌発表順とは異なるようです。

「ポンツーン」ってどんなゲーム?

ブラックジャックとの違いは、勝負するまでディーラーのカードが全てブラインドされている点です。 ブラックジャックの場合、ディーラーはカードを1枚オープンすることが義務付けられていますが、ポンツーンは全てクローズド。

選び方イギリス版ブラックジャック 491717

ブラックジャック21:オンラインカジノのカードゲーム

ポンツーンは、 親(ディーラー) と 自分(プレイヤー)と1対1で勝負する、手持ち2枚からスタートし、合計数字が「21」に近い方が勝ちとなる、カードゲーム です。 最も大きな違いは「 ディーラーのカードが、勝負するまで見えない 」事と、 「A」と「10、J、Q、Kのいずれか」の組み合わせの事 を、ブラックジャックではなく、 ポンツーンと呼ぶ 事です。 ただし、 最初の2枚が配られた時点で 、先にディーラーが自分のカード(ハンド)を確認し、この時点で ポンツーンだった場合は、プレイヤーの負け となります。 最初の2枚が配られた時点で 、先にディーラーが自分のカード(ハンド)を確認し、この時点で ポンツーンだった場合は、プレイヤーの負け となります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*