すべて ケース 日本のカジノ法案賭け麻雀

カジノ法案成立、「国の運営だから大丈夫」という理屈と反対意見

日本のカジノ法案賭け麻雀 890964

木曽: 今回の推進法の中には一年をめどとして実施法を整備しなさいという政府に対する要求が入っているので、まずは実施法案を整備し、実施法成立後、今度は設置する自治体の入札になり、選ばれた自治体が事業者選定をし、カジノの建設が始まるという流れになります。

IR推進法案可決!カジノは賭博罪の対象にならない?

賭博罪では、結果が偶然の出来事に左右されるものに賭けることが禁止されています。金銭を賭ける場合だけでなく、何らかの財産を賭けると賭博罪は成立します。一方、軽微な価値しか得られない場合には賭博罪の対象外とされます。たとえば、ジュースを賭けてじゃんけんをすることや、ランチ代をかけて麻雀をすることは賭博に当たらないでしょう。 また、懲役刑がないのが単純賭博罪の特徴です。 賭博罪の対象となるギャンブルを放任してしまうと、労働意欲が社会に悪影響が出ると危惧されているのです。しかし、広く一般に親しまれているパチンコは、合法です。パチンコ依存症で身を持ち崩す人が少なくないのは周知の事実です。このため、一部からは賭博罪には何の意味もないとの批判があります。このあたりの線引きは、判断が難しいところですね。 ただし、合法か否かは、それを許容する特別法があるか否かによります。たとえば、賭けマージャンのように娯楽として広く行われていても、それを許容する条文がなければ賭博罪は成立するのです。 今後日本でカジノが合法になれば、カジノは賭博罪の対象外として法整備が進むでしょう。今は、法案の行方を見守るほかありません。 ちなみに、日本人が海外でカジノに行っても処罰されることはありません。法律が整備される前にカジノを楽しみたいなら、海外に行ってみてはいかがでしょうか。 IR推進法案可決!カジノは賭博罪の対象にならない? 法律事務所ロイヤーズ・ハイ。 MENU メニューを飛ばす。

日本のカジノ法案賭け麻雀 451472

近隣国でお金を賭けて遊びたいなら「韓国」

ですが、海外のカジノに行って日本人がプレイしても逮捕されることはありません。 それと同じような考え方で、海外で合法で運営されているサイトで日本人が遊んでも、現在の法律では裁くことができない。というのが現状です。 つまり、 違法とも合法とも言えない「グレーゾーン」 という表現になります。 上記の点を踏まえると、現在の状況において注目すべき ポイントは「DORA麻雀自体が合法的に運営されているか」という点 になります。 DORA麻雀はマン島政府が発行したライセンスを取得して運営されています。 DORA麻雀で賭け麻雀をするということは、 正式な合法ライセンスで運営されているサイト でプレイすることになります。 その為、 現時点でDORA麻雀でのプレイは違法とは言えない。 ということになります。 ただ、将来的にオンラインでのギャンブルに対する法律が整備される可能性もありますので、最新の情報は常にチェックしておきましょう。 ライセンスを取得していたとしても、DORA麻雀側が有利になるような設定がサイトにされていたり、イカサマや詐欺について心配される方もおられるでしょう。 DORA麻雀の安全対策をしっかりとチェック しておきましょう。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

WorldOrland I do love mickey mouse. Watch movie we took there. Follow casinohikaku.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*