すべて カジノゲーム カジノを含む統合型リゾート富裕層スロット

ビクトリア州のゲーミング(カジノ)に係る法規制、規制当局の概要

カジノを含む統合型リゾート富裕層スロット 488008

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。

ベトナム:20日、カジノ法が公表 内国人のカジノ入場容認 3年間パイロット 大型IR整備促進

現在、ベトナム政府は、内国人のカジノ、電子ゲームパーラーへの入場を禁じている。 ベトナムのカジノ市場は、外国人のみ入場可能な現状で、年間3億ドルほどと推定される(8つの統合型リゾート、20ほどのスロットパーラー)。 調査機関によれば、内国人の入場が可能となった場合のベトナムのカジノ市場のポテンシャルは30億ドル(約3,億円)。ベトナム国民は9,万人。 ちなみに、ベトナム国民の海外カジノ施設(主に、カンボジア)への流出は、ベトナム政府にとって8億ドルの税収ロスとの試算もある。 ベトナム政府は、従前、ベトナム政府は、内国人のカジノ、電子ゲームパーラーへの入場を禁じてきた。 ベトナムのカジノ市場は、外国人のみ入場可能な状況下、年間3億米ドルほどと推定される(8つの統合型リゾート、20ほどのスロットパーラー)。 調査機関によれば、内国人の入場が可能となった場合のベトナムのカジノ市場のポテンシャルは30億米ドル。ベトナム国民は9,万人。 ちなみに、ベトナム国民の海外カジノ施設(主に、カンボジア)への流出は、ベトナム政府にとって8億米ドルの税収ロスとの試算もある。

「カジノ」やっぱり日本に必要?賛成か反対か ご意見募集

本稿では、統合型リゾート(IR:Integrated Resort)ビジネスの理解を深めていただくため、シンガポールで法規制の整備及び規制当局の設置に際し、ネバダ州等と同様参考にされた、ビクトリア州のゲーミング(カジノ)に係る法規制や規制当局の概要についてご説明いたします。 メルボルン地区におけるゲーミング(カジノ)運営者の選定は2段階で行なわれました。まず、入札(Expression of Interest)により、応募した23社の中から3社を選出し、その後選出した3社に対してより具体的な事業提案書の作成を要請し、最終的にクラウン・リゾーツを選定しました。現在、クラウン・リゾーツが同州で営業を行う唯一のゲーミング(カジノ)事業者となっています。 ビクトリア州では、州政府が、カジノ管理法(Casino Control Act )、ギャンブリング規制法(Gambling Regulation Act )、また、これらの法令を補足する諸規則(カジノ経営同意法:Casino Management Agreement Act 、プレミアム顧客に係るギャンブリング規制:Gambling Regulation Premium Customer Regulations 等)において、ゲーミング(カジノ)に係る諸規制を規定しています。 加えて、ビクトリア州においてカジノ運営を許可されている企業は1社のみであるため、法規制に記載のない取り決めや、ライセンスに係る詳細事項等については、州政府とカジノ運営者との間で交わされた同意書(Consolidated Casino Agreement)で規定されています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*