すべて カジノゲーム で過ごす夜オーシャンズ11カジノ

映画オーシャンズ11を思い出す。 - べラージオ カジノ

で過ごす夜オーシャンズ11カジノ 238332

スタイリッシュなカリスマ窃盗犯ダニー・オーシャン ジョージ・クルーニー は、4年の刑期を終えて仮釈放されると同時に、次の犯罪をスタートさせようとしていた。頭の中ではすでに完璧な計画が出来上がっている。それは、ラスベガス大通りの地下フィートに埋められた巨大金庫から1億万ドルの現金を盗み出す、前代未聞の強奪作戦だった。

『オーシャンズ12』第2弾の舞台はヨーロッパ!さらなる豪華キャストが参戦

映画のオーシャンズ11を見ていたのでとても興味がありました。広くてたくさんの人がやっていました。 現実離れした経験でした。 びっくりしたのはスロットの最低かけ金が5ドル。 りゅうとした身なりの紳士がカジノを楽しんでいました。まるで映画のシーンのようでスポットライトがそこだけ照らしているようでした。 ラスベガスの2泊3日のバカンスはロスから車で4~5時間で到着し、シルクドソレーユを見てそのパホーマンスに感激し、夕食後は心地よい夜風にベラージオホテルの噴水を満喫するのが最高です。翌日はザイオン国立公園1日ハイキングし汗をいっぱいかきホテルに帰ってから、夜はカジノでスリルを味わい旅を終えるのは楽しい 過ごし方だと思います。 特に凝った演出等はない普通のカジノでした。 ディーラーがいるテーブルは少なくスロットマシーンがたくさん設置されていました。 ミニマムベットはマカオのカジノに比べて全体的に低い印象でしたので、少額で遊ぶには良いかと思います。

関連記事(一部広告)

エンターテインメント都市ラスベガスは、その特異な性格から、映画の題材やロケ地に選ばれることが多く、これまでに数々の名作がこの地で作られてきた。  ラスベガスを訪問する前に、それら作品を通じてこの街の過去などを知っておくことは、興味の対象が広がるばかりか、旅がより一層、有意義かつ充実したものになるはずだ。  また、何度も訪問しているリピーターにとっても、自分が知らなかった映像の中に新たな発見や感動を覚えたり、懐かしい光景に思い出を重ねたりすることもできる。  旅行前は準備などで何かと忙しいが、出発前にベガス関連映画を鑑賞し、訪問地に対する造詣を深めておくことは決して無駄ではないだろう。  もちろん旅のあとの鑑賞で、帰国後の楽しみにアクセントを添えるのもよい。 当然のことながら、数々の暴力や殺しのシーンも、すべて実際に当時のマフィアたちが行なっていた方法による再現であり、気が弱い人にとっては目をそむけたくなるようなシーンも少なくない。  しかし史実を知り、今日の健全なラスベガスを理解する上で必要不可欠な知識や情報も多く、ラスベガス・ファンにとっては絶対に見逃せない超一級の作品といってよいのではないか。  また、ファンならずとも、日本でもカジノ解禁論が議論されている昨今、カジノ・ビジネスの性(さが)や、カネというものへの人間の飽くなき欲望が見て取れるこの3時間の大作は、多くの人にとっていろいろ考えさせられるものを与えてくれるはずだ。 実在のマフィア Frank Rosenthal、そして彼の人生を大きく変えることになる妻の Geraldine McGee、さらに、常に犯罪に手を染め罪を重ねる極悪人 Anthony Spilotro は、この作品の中ではそれぞれ主人公のサム(ニックネームは「エース」)、ジンジャー、ニッキーとして登場する。  その主人公のサム・ロススティーンを演じるのは「ゴッド・ファーザー」で知られる名俳優、ロバート・デ・ニーロ。  ジンジャー役は、その高い演技力から、本作品でゴールデングローブ賞主演女優賞(年第53回ドラマ部門)を獲得したシャロン・ストーン。  そしてニッキーを演じたのは 年公開の映画「Goodfellas」でアカデミー助演男優賞を受賞した実力派俳優ジョー・ペシ。  ペシは Goodfellas の中でもマフィアの役としてロバート・デ・ニーロと共演しているばかりか、監督も本作品と同じマーティン・スコセッシであったことから、封切り前から「カジノ」への期待は大きく、実際に期待を裏切らなかったその名演技は本作品の見どころの一つといってよいだろう。  演技ばかりか、体格や風貌も注目され、背がかなり低かった実在のマフィア Spilotro とそっくりだったことから「これ以上ありえないほどのはまり役」との評価が高く、人選という意味でもこの作品は話題を集めた。 キャスト関連の話題はこの3人だけでは終わらない。あまりにもリアルで驚く話がまだまだあるのがこの作品のすごいところだ。  サムが経営するカジノで一度は大勝ちし、結局あとで大負けする日本人ギャンブラー「イチカワ」とは、実在した人物、柏木昭男氏のことだ。  柏木氏は、山梨県で不動産会社を経営していた実業家で、当時ラスベガスでもかなりのハイローラー(超高額を賭けるギャンブラー)として知られていた。  そしてなんとそのイチカワをこの映画の中で演じているのは「Nobu」こと、今をときめくカリスマシェフ、松久信幸氏と聞けば、驚く人も多いのではないか。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*