すべて 規則性 全ゲームジュネーブカジノ

ポーカーはスキルか運か

全ゲームジュネーブカジノ 265772

このカジノでは、フルタイムまたはパートで82名が働いている。職種は、クルピエ(ディーラー)というテーブルゲームのホスト、スロットマシーン案内係、会計係、警備員、監視係、受付、そしてレストランやバーの従業員である。カジノ従業員になるための特別な資格は特にないが、クルピエだけは、ヴァレー州サクソン(Saxon)にあるクルピエ養成学校「Casino Formation」を卒業していなければならない。

カテゴリーを絞り込む

結局、問題はゲームの大部分がスキルに基づくものなのか、それとも運によるものなのかということにあり、連邦政府の発想ではこのようなゲームが成り立つのはスキル、そして州は運だとしているのだ。 連邦政府の目には、トーナメントで行われているポーカーの中にはスキルが主要となっているタイプのものがあると映っている。それは参加者の数やテーブル・ステークス 賭け金 の大きさなど、さまざまな条件に左右される。一方、プレーヤーが「チップアップ 賭け金を徐々に増やすこと 」をしたり、好きな時にゲームをやめたりすることができるキャッシュ・ゲームは主に運がベースとなっていると考えられており、ゆえにカジノの外では非合法となるという理屈だ。 「わたしたちにとっては、どんな形であれ、ポーカーやトーナメントは運でしかない」 と言うのは「スイスカジノ連盟 Schweizer Casino Verband 」のマルク・フリードリヒ会長だ。そして、そのようなトーナメントではカジノから締め出されているギャンブル中毒の人々にもプレーの場を提供していると批判する。 しかし、同時にフリードリヒ会長は、連邦政府の決定によってプレーヤーがほかの場所に幸運を求めるようになり、「年以降、下り坂になっているのは明らか」とカジノ業界が打撃を被っていることも認める。 一方、トーナメント事業者でありポーカーのプロでもあるリノ・マティス氏は、現実はその逆で、モントルー Montreux やバーデン Baden のカジノでは、カジノ内でしかプレーできないキャッシュゲームでひと山当てようとする人が増えていると主張する。 友人同士で行うプライベートゲームは家主にコミッションが支払われなければ合法とみなされるが、当局はコミッション代わりのビールが手から手へと奇妙な具合に渡っていくことに対しては目をつぶっているようだ。

Parapark Geneve Escape Game

ジュネーブ ホテル 観光 レストラン 航空券 ショッピング 航空券+ホテル クルーズ レンタカー 掲示板 航空会社 今日のトピックス ブログ アワード ヘルプセンター。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*