すべて 規則性 ライセンスカジノ慰安婦橋下スロット

【遊技】パチスロ大手「ユニバーサル」の岡田会長、フィリピンのカジノ関係者に11万ドルの贈賄容疑

ライセンスカジノ慰安婦橋下スロット 647643

下がり続けている。 さて、今回のテーマは「独裁者・安倍晋三」。コトバンクによると、独裁者とは、「独裁 政治 を行う者のこと。また、ある団体の中における権力を独占し、恣意的に物事を進める人」だという。私が「独裁者」という言葉を聞いて思い浮かべるのは、ヒトラーや北朝鮮の金正恩だ。 安倍首相が独裁者なのかどうか、私にはわからない。ただ、「独裁者」と決めつけてしまった途端、多くのことが見えなくなる気がする。今思うのは、この国が、5年前、10年前とは随分変わってしまったということだ。 駆けつけ警護という任務を負わされた自衛隊が南スーダンに派遣され、沖縄の基地建設に反対する人々に「土人」という言葉が投げかけられる。10年以上問題となり続けている「貧困」に対する有効な処方箋がないまま、「弱い者が更に弱い者を叩く」ような貧困バッシングが蔓延する。沖縄や福島という「犠牲」に対して、面倒なので見て見ぬふりをする。徹底した無関心が、この国を包んでいる。そしてその無関心の隙をついて、政権に都合のいい 政治 がまかり通る。 もし、安倍首相が独裁者ならば、その独裁を許しているのは多くの人の無関心に他ならない。 今からでも、一人でも、できることはある。まずは通常国会を注視していこうと思っている。

iRONNA 毎日テーマを議論する

規制緩和による新たな市場の創造。その一つとして脚光を浴びているのが「特定複合観光施設」にカジノを認める IR推進法案である。言うまでもなく刑法で禁じられた賭博(ギャンブル)の合法化で生まれる「巨大」市場である。 しかし、カジノが地域振興の「魔法の杖」ではなかった現実が、いま米国で顕在化している。ラスベガスと並んでカジノによる繁栄の象徴とされてきたアトランティック・シティで、 1月の「アトランティック・クラブ」閉鎖を皮切りに、3分の1のカジノが閉鎖というドミノ現象が起きたのである。貧しい地方の街がカジノで復興した象徴とされたトゥニカ(ミシシッピー州)でも、今年6月に街最大の「ハラス」が閉鎖した。カジノ依存の地域振興の危険性が、いま全米各地で噴出しているのである。 この背景には、カジノ拡大による競争激化がある。アトランティック・シティの顧客は、約 90%がマイカー等の陸路経由であるため、ニューヨーク州など周辺州のカジノ合法化で市場を失い、06年52億ドルから13年29億ドルへと収益が激減している。しかしより大きな背景には米国カジノ市場の飽和化と構造変化があるとされる。リーマンショック以降、米国カジノの収益が停滞する一方で、税収増を狙った州政府がライセンスを乱発することでカジノ数が増加し過当競争に拍車がかかってきた。さらにはオンライン型カジノの急成長で従来のカジノそのものが衰退産業化しているとも指摘されている。 米国カジノ市場の現状は、カジノの短期的利益だけを評価して政策決定することの危険性を示している。長期的利益の評価ばかりか、カジノが生み出す負の側面も踏まえた総合的評価が不可欠である。私企業としてのカジノが撤退した後、それが残した「負の遺産」を背負い続けるのは国であり地域社会なのである。米国ニューハンプシャー州( NH)の「ゲーミング調査委員会報告書」(10年)は、カジノ合法化の政策的判断は「いかに早くかではなくいかに慎重に」行うかが重要と強調しているが、日本においても、その経済的利益を一面的に強調するのではなく、以下のような負の側面も含めた総合的議論が行われねばならない。

【速報】日本維新の会がカジノ法案を提出しました。

jp 規制解除要望スレ Part14【docomo】。 朝鮮人のパチンコ屋の裏金が民主党の外国人の違法政治献金となっている事実。 じゃ、その金の見返りは何だ? 在日朝鮮人の特権を目指す朝鮮人のための政府を作ることだ、一例が外国人のあえて言えば在日朝鮮人の参政権だ。 日本人がパチンコをやった金で、在日朝鮮人が日本の政府を操る。 これはもはや日本は日本国民の為の国ではない、今日本は日本国民には危険な国になっている。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*