すべて スキル パーティーグランドベガスカジノ

カジノホテル、営業再開できてもアフターコロナの前途は多難

パーティーグランドベガスカジノ 830174

あたたかい陽差しを待ちきれない人は、 冬服を脱ぎ捨て水着に着替えてラスベガスにどうぞ。 4月はラスベガスのプール・シーズンの始まりを告げる月。 日光浴や有名DJのビートにのって水遊び。ビタミンDもとって、 元気いっぱいに弾ける体験ができます。

ラスベガストップ5ヒップホッププールパーティー

ここの読者にとっても、現在閉鎖中のカジノホテルがいつ再オープンするのかは、大いなる関心事に違いない。  今週は、そんなカジノホテルの動きや当局が示す 営業再開のためのガイドライン 、そして 再開後に直面するであろう難題 などを取り上げてみたい。 一ヶ月ほど前まで多くのカジノホテルは営業再開日を5月1日に設定し、宿泊予約も受け付けていた。ところがその日をすぎた今になっても、まだどこも開業していない。  そして現時点では、祝日で3連休となる 5月23日 の週末を営業再開日としているホテルが多いようだが、はたしてあと2週間ほどで開業できるものなのか。  どう考えても単なる希望的観測のように思えてしまうので、ここでは開業日の話題はあえて避けることとし、話を当局が示すガイドラインなどに移したい。 先週、ネバダ州のカジノ業界に対して絶大なる権限を持つ Nevada Gaming Control Board は、カジノが営業を再開する際に守るべきガイドラインを発表した。労働組合をはじめ、利害が絡む各方面から修正を望む声が上がるなど、まだ最終的なものではないようだが、現時点における主な内容は以下のようになっている。  なお、このガイドラインは、規模に制限のないカジノの営業免許(日本流に表現するならば甲種免許)を持つ一般のカジノに対するものであり、乙種のカジノ免許(15台までのマシンゲームしか設置が許されていないカジノ免許)を持つコンビニやバーなどを対象としたものではない。 感染防止という目的において、これらのルールで十分に安全が保たれるのかどうかの議論に関しては医療分野の専門家に任せるとして、いま現場や関係各所で議論されているのは、このようなガイドラインにしたがって営業を再開した場合、はたして客が来るのかどうか、採算が取れるのかどうか、従業員は安心して仕事につけるのかどうかといった懸念だが、どう考えても人数制限などの厳しい条件付きの営業では 前途多難 と言わざるを得ない。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*